Hana-Iku

子ども達に伝えたい 〜花に触れることは命に触れること〜

花を教材にして生命や個性について考えてもらう活動です。
子ども達の心と体の成長に花と緑の力を!
子ども達に伝えたい花に触れることは生命に触れること!

1.感謝する気持ちを育む身近な花や緑に親しむことによって生命あるものに触れる感動を体験し、植物との関わり方を学びます。花や緑を大切なもの、愛おしいもの、可愛いものと思う気持ちを育みます。このことは花や緑の存在が人に与えてくれるものの大きさを感じ、感謝する気持ちにつながります。
2.やさしい気持ちを育む 花や緑に関わる中で、花や緑を介して人と自然との関わり、生命あるものえのやさしい気持ちをもつことが出来れば、子供たちにとって花や緑を知る事以上の価値が得られます。
3.探求心や創造力を育む 植物の栽培を通じて、育てるため、楽しむための創意工夫をし、技能、知恵を身につけるとともに、植物を素材として活用した多彩な創作活動を通じて、創作の喜びを感じ、豊かな創造力を育てます。
4.人との繋がりをつくり、広げる 花や緑の栽培や装飾の作業を共にする事、中でも普段の生活ではその機会があまり多くない高齢者、花の生産者、フローリスト、フラワーデザイナー、との共同作業は、新しい発見や人との繋がりをつくり、広げるという効果が期待できます。
5.波状効果への期待 幼児・児童期の花や緑との様々な関わりは、子供だけではなく、家族や友人、近隣の人々にも良い影響が及びます。結果的には、子供を取り巻く多くの人々も多様なかたちで花や緑に関わる事に繋がります。

かわさき花園では毎年地元の小学校6年生を対象としたフラワーアレンジメントを行っています。そのまま持ち帰ってお家でお楽しみいただけます。